虫から逃げただけなのに…!ドイツのNO網戸問題

 

 

ドイツには網戸がない。

 

自分で取り付けるタイプの網戸を購入することは可能だが、

普通のアパートで網戸を取り付けている人はあまりいない。

 

最初から標準装備されていなかったら特に気にもならないのだろうか。

 

 

まあでもドイツは寒いので、そもそも虫が少ない。
少なくとも私の地元よりは圧倒的に少ない。

 

わたしたちが前住んでいたアパートは街中にあったせいか、

虫がでることはほとんどなく、

夏でも一日中窓を開けっ放しにすることが多かった。(←夫が)

 

なので、

 

ドイツの窓に網戸がない理由は

虫が少ないからだと思っていた。

 

 

 

しかし!!!

 

引っ越してからその考えは一気に変わった。

 

 

 

おい、、、

 

 

ドイツさんよぉ、、、、

 

 

虫・・・

 

 

めっっちゃいるじゃねえええかぁあ!!

 

 

新しく引っ越した場所は公園に囲まれていて

緑豊かで最高な立地なのですが、

 

 

緑豊かであるがゆえ、虫も豊かだ。

 

 

毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日、

ハエ、蜂、蛾、蜘蛛、蚊、その他知らない虫のオンパレード。

 

 

ハエとか蛾とか蜘蛛とかならまだ良いよ。

 

なぜならそれらが何の虫か知っているから!!

噛んだり血を吸ったりしないのが分かるから!!

 

 

以前、この記事にも書いた通り、

時々、夫の女子力が高すぎて困る。

わたしはそこまで虫が苦手ってわけではない。

ほとんどの虫は大体自分で処理できる。

 

 

だがしかし、

 

 

今まで見たこともないキモい虫々共は別だ。

 

なぜならこいつらの特技が分からない限り、

下手に追い出したり攻撃したりできないし、

 

そもそも知らないやつは大体キモいから触れない。

 

 

例えば、

 

なんか異常に脚長いやつとか、

無駄にオレンジでカラフルなやつとか、

お尻のところにハサミみたいのがあるやつとか……嗚呼気持い。書いてるだけできもい。

 

 

やはり国が違えば虫も違うようで、

夏の間はほぼ毎日、会いたくもない未知の虫に遭遇する。

 

 

なので、引っ越してからは

なるべく窓を開けないようにしているのだが、

 

 

やはり

奴が毎日開けやがる。

 

 

 

夫の部屋に遊びに来た虫達は、

頼んでもいないのに私の部屋にまで挨拶に来る。

(一瞬だけわたしがドアを開ける隙を見て。)

 

 

つい先日も、

ちょうどドアを開けた瞬間に未知の虫がわたしの部屋に侵入してきたのだが、

 

急にわたしの方に飛んで来たのでびっくりして、

「ギャー!」と叫びながら、

 

 

咄嗟に持っていたスマホで追い払い、

キッチンへ避難した。

 

 

 

それから夫の部屋へ行き、

「誰かさんのせいでまたキモ虫が来たよ」

と軽くキレながら夫に報告。

 

 

そしてそのままハエたたきを探す。

 

しかし、

ちょうどその時に限ってハエたたき紛失中

 

 

 

「しょうがないから誘導して夫の部屋まで送り出すか…」

と思いながら部屋に戻ると…

 

 

なぜか・・・

 

さっきのキモ虫が

わたしの部屋のど真ん中で倒れている…

 

そう、

 

 

あの時、

 

わたしはただスマホで追い払っただけのつもりだったけど、

どうやらスマホが虫にヒットしていたようだ…。

 

しかも気絶してしまうほどの強烈スマッシュをお見舞いしていたなんて…!

 

 

とりあえず外にお返したが、

その後は知らぬ。

 

 

それ以降、

「ハエたたきがないのなら、スマホを使えばいいじゃない。」

がわたしの口癖になったことは言うまでもない。