【垂直に落ちる】バリのプール施設「ウォーターボム」に行った時の話①【ウォータースライダー】

 

 

 

あなたは九死に一生を得る体験したことがあるだろうか?

 

 

 

わたしはそれっぽいやつなら、ある。

 

 

 

そう、あれは夫とまだ付き合う前、
友人とバリ島旅行へ行ったときの話。

 

 

 

わたしたちはバリ島旅行3日目に

「ウォーターボム」

という巨大プールパークを訪れた。

 

 

 

なんとこの施設には大きなウォータースライダーが13種類もあり、

パーク内にバーやレストラン、カフェなども揃っているので、水着で一日中楽しめる。

 

 

出典:Waterbom Bali

 

ここはわたしがバリ島旅行で最も楽しみにしていた場所の一つだったため、

当日はとてもテンションが上がっていた。

 

 

 

数あるスライダーの中でもわたしが一番楽しみにしていたのは、

ほぼ垂直にストンと落ちるタイプの

 

 

 

エクストリーム系絶叫ウォータースライダー

CLIMAX(クライマックス)だ。

 

 

 

3度の飯よりも絶叫マシンが好きなわたしは、

これを初めて見た時、鼻血が出そうになった。

 

 

 

パークに着いたら早速、クライマックスの列に並んだ。

パークに入場していきなりクライマックスって最高かよ。

 

 

列に並んでいる間は、

とにかく興奮を抑えるのに必死だった。

 

 

意外と列は空いていたので、あっという間に自分の番がきた。

 

 

カプセルのようなものに入ると、

両腕を組むように指示される。

 

 

 

 

そして、英語でカウントダウンが始まる。

 

 

 

この瞬間のドキドキがたまらない。

 

3

2

1

 

 

と、聞こえたと思ったら、

 

 

 

地面がカパッと開いて、ビュンっと落下。

 

 

 

 

目の前が暗くなり、

猛スピードで滑り落ちていく。

 

 

 

 

興奮と楽しさがMAXになり、

 

叫びまくる。

 

 

 

しかし、

 

 

 

徐々に進むスピードが落ちてきた、、、

 

 

 

 

あれ?

 

 

 

 

と、思った瞬間、

 

 

 

そのまま超高速で逆走し始める。

 

 

「え、ちょっと待って。これやばくない?

もし今、後ろから誰か来たらぶつかるよね?」

 

 

 

ヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイ

どうしよどうしよどうしよどうしよ!!!!!!

 

 

焦りながらも、どんどん後ろに滑っていくわたし・・・

 

 

さぁ、どうなってしまうのか!???

つづく、、、