たまに、まじで夫が何言ってるか分からない

 

 

 

わたしの夫はプログラマーだ。

 

 

 

 

 

 

そして、

 

 

プログラミングを心から愛している。

 

 

 

 

 

そしていつも、

まるでわたしがプログラミングのすべてを知りつくしている

と思っているかのような口調で、

わたしにプログラミングの話をしてくる。

 

 

 

 

 

しかし、わたしはプログラマーではないので、

プログラミングについての話は全然意味が分からないし、

 

そもそも興味すらない。

 

 

 

 

夫に出会ったときから今までの約3年間、

 

 

 

わたしは夫に、

 

 

と、

軽く5億回は言い続けている。

 

 

 

しかし、

こればかりはどうしてもやめられないようだ。

 

 

 

つい先日も、

 

 

いつも通り、夫のプログラミング話大会が始まったので、

 

 

 

わたしもいつも通り、

それを右から左に受け流していたのだが、

 

いつまでたっても話が終わりそうにない。

 

 

 

 

それからもう2分ほど経つと、

さすがに受け流すのにも飽きてきたので、

 

「話を無理やり終わらせてやろう」

と思い、

 

 

 

 

夫の話を遮って、

 

わざとめっちゃ適当な相づちを打ってみた。

 

 

これで、

 

「あ、こいつ全然意味わかってねえな。全然聞いてないし、話しても無駄だな。」

 

って諦めてくれるだろう!

 

 

 

 

と、思ったのだが、

 

 

 

 

 

そ・う・そ・う

 

 

 

・・・!?

 

 

もうわたしは確信した。

夫はわたしが理解したかどうかは関係なしに、

ただアウトプットしたいだけだということを。

 

 

 

 

プログラミングとゲームの話になったら、

急に饒舌になる夫が今日も可愛いです。